月別アーカイブ: 2014年10月

まったく満足できません

主人の会社は中小企業です。なのでなんでも会社のいいなりにならなければなりません。嫌なら辞めるしかないといった状況でしょうか。

数年前急に通知がきて、退職金廃止と言うことでした。住宅も買ったばかりで退職後にもローンがたっぷり残っています。それにともなって、給料が上がると言うのならまだ話はべつなのですが、まったく変わらず、むしろ少し少ないのかなと思うところもあります。

それ以降会社の経営もあまりよくないということもあるかもしれませんが、一向に昇給はありません。それどころか今年は夏のボーナスもありません。ボーナスも年々下がっていたのですが、とうとう0。ローンのボーナス払いもあるので、やりくりが大変です。

そのため、貯金はもちろんできず、先日も急にお金が必要になってしまい、即日審査がしてもらえる消費者金融で審査をし、お金を借りました。

参考→即日審査の消費者金融カードローン|急ぎでお金が必要な時も安心
昔は良くも悪くも年功序列、年をとればどんどん給料が上がっていったのかもしれません。それは子供も大きくなり、大きくなるに従って子供の教育費にはお金がかかるので、家計にとってはとてもありがたいことだったと思います。今のご時世特に主人の会社はお給料が伸びない、ボーナスは減というなか、子供はどんどん成長し、出費がかさむばかりです。特に高校生などは我が家は今年ありがたくも公立に入学できましたが、公立落ちて私立へなんてことになったら、今現在なんとかできていても長い目でみると大変なことになっていたなと思います。あと三年後は我が家は大学生と高校生になりますが、二人とも国立、公立に落ちた場合は、我が家はどうなってしまうのかとても心配です。年齢的にも主人の転職は不可能でしょう。大学も卒業していないし、特に資格もないので。私の再就職も今現時点で不可能に近いかと思います。
給料でているだけでありがたいのかもしれませんが、もっと昇給そしてボーナスがあればと切に願います。

 

ネットなし生活は考えられません

私がネットを使わない日はまずありません。
手が空いている時は、常にスマホをいじっています。

【ゲームアプリ】
暇があればゲームアプリで楽しみます。無料でできるからありがたいですよね。
どうやって儲けているのか不思議です。

【ネットで買い物】
お出かけして人の多い場所に行くのは疲れるので、買い物はけっこうネットが多いです。
たくさんある中から選べるし、好きな時間にゆっくりしながら見られるし、カード払いでさくっと買えちゃうし、割りとすぐ届くし。便利な世の中になりましたよね。

【調べもの】
ちょっと気になったらささっと調べられるのって助かります。

【SNS】
簡単に連絡が取り合えるので便利ですよね。
年とともにメールより電話が増えましたけども…(^-^;

【投資信託】
投資信託の売買もネット上で簡単にやっています。
自分が買った銘柄の値が上がっていくのを見るのはけっこう楽しいです。
【求人情報の検索】
看護師なので、看護師の求人情報サイトをよく見ています。※http://xn--ccke2i4a9j278sndjb9jqn0dzx2b.com/
看護師の求人情報を細かく簡単に探すことが出来るので便利です。

【ネットで予約】
お店の予約なども、ネットを使うことが多くなりました。
時間を選ばなくていいし、ポイントたまったり、ネット予約限定の割引きもあったりしますからね。
予約日前になるとお知らせしてくれるのも助かりますね。

【ニュースや天気のチェック】
新聞は必要をあまり感じないのでとっていません。
定期的にニュースが配信されるので、最新情報をすぐゲット出来ます。

【おこづかい稼ぎ】
空いた時間にクラウドソーシングやアンケートの回答などでこつこつ貯めています。

【オークション売買】
いらなくなったものをオークションで売ったり買ったりしています。
リサイクルショップに持ち込むよりも断然儲かるので使えます!

【クーポンゲット】
色々なお店のアプリを入れたり、メール会員になったりして、お得なクーポンをもらっています。

私が出会った看護師さん

昔、親が数年寝たきりの入院をしていたので、いろいろな看護師さんと出会う経験をしました。
その中でとても印象深かった看護師さんがいて、親が亡くなって数年経ちますが今でもふと思い出します。

小柄なショートカットの女性だったのですが、愛に溢れた方でした。なんというか溢れすぎて変人っぽい感じが。
寝たきりだとお尻やら太ももの裏やら床擦れしてしまって、火傷みたいな傷ができてしまうのですが「今日の????さんの床擦れハート型でしたよー!」

貼ってある透明なテープみたいなのをすりすり。傷や病気自体が大好き!なようでした。
手当をしたくてたまらない感じ。

当時の私にはそれがとても衝撃的で、その看護師さんとお友だちになりたくていつか声をかけようと思っていたのですがなかなか言い出せないまま親は亡くなり病院へ行くこともなくなってしまいました。

なので看護師さんのイメージは、傷や病気が大好きなちょっと変な人です。
あと、これは誰にも言ってないのですが親がいよいよお亡くなりになるっていう時のこと。

夜中だったんですが、心電図つけてるじゃないですか。ピッピッピッピーーって0になって、ドラマとかでよく観る場面そのままです。

看護師さんに呼ばれてお医者さんが慌てて来ました。
すごい寝グセで。病室の雰囲気はもう想像通りみんながすすり泣き、それぞれお別れの言葉を語りかけている最中です。

私吹き出しそうになったのですがなんとか堪えました。
続いて、手首をとって脈をみて「何時何分ご臨終です」って宣言するやつ。

その若い先生慣れてないのか、ガクブルで脈を見る手がブッルブルだったんです。すぐ横にいた私は「あれ?」ってなって見ちゃったんです。

先生の腕時計が逆さまだったことを。
そんなコントみたいな!笑いをこらえるのに必死で全然悲しくありませんでした。ありがとうございました。

それから、私の妹も看護師になることになりました。

頑張って勉強して今では立派な看護師としてやっています。

最近ではネットで職場も簡単に見つけれますしね。

節約は精神的に安定します

節約は小さい頃から両親になにかと、もったいないと言われて育ってきたので意識してなくても逆に浪費ができないと言う感じです。

電気やエアコンはつけっぱなでいられないですし、水も出しっぱなしにできません。もしそうしてしまうと心苦しくなりすごく申し訳ないことをしている気分になります。

なんでも最後まで使い切ったりすると後悔なくごみを捨てられますし精神的にも無駄にしてしまった気持ちが残ると悪いです。

私が、節約を意識する時は例えばバス代を浮かせるために駅まで歩いて行ったりします。往復400円くらい違うのはかなり大きいです。
食品も値引きされている物を先に選んで買います。消費期限が近いだけで値下がるのは嬉しいことです。洋服や家具はバーゲンまで待ちます。欲しい物を購入する時は安く手に入るときはその場で即決しますが、定価や高いと思う時にはしばらく他のお店を見て比べたりを購入以前に数か月は繰り返します。

半年もするとこれで間違えないと思える商品が見えてくるのでその時が買い時だと思っています。節約をする理由は単純に家系に余裕がないことが一番大きいと思いますが、身に染みついたものなのでいくら家計が裕福であってもさらにより多く貯蓄に回したいと思うと思います。

1日10万円の予算があっても私はバスに乗らずに歩いてしまうと思います。無駄遣いはしっぺ返しが来そうですし、節約はいつか何かの役に立つような気もします。そして資源の足りなくなった今とても重要なことだと思っています。

っていうことを言いながら、個人事業主として働いている私は、事業の方があまりうまくいっておらず融資を受けて生活している状態なんですけどね。融資に関するサイト・・・個人事業主でも融資・借り入れが受けれる事業者ローン会社

融資を受けて生活しているなんて、どうなんだろう?っていう気もしますけど、それでも生活するためには仕方ないわけですから。

でも、節約節約ってやっているのはいいのですが、お金を借りて生活している自分ってどうなんだろう?っていう感じもしますよね。